木星舎HP > 命終の時---在宅ホスピス医がみた「死と生」と希望

            • atb.pdf

命終の時.jpg命終の時

  書籍名   命終の時---在宅ホスピス医がみた「死と生」と希望
  著者名   吉川浩一
  定価   ¥1,600  +(税
  発売日    2008/05/10
  ページ数    A5判/上製本/220ページ
  ISBNコード   ISBN978-4-901483-26-1
  在庫状況   -

内容紹介


死に逝くときに深く通い合う真情,互いに交わす内奥の言葉--。「ごめんね」「もういいのよ」「ありがとう」「頼むわね」「わかったわ」そして,永別の言葉,「さようなら」「……でも,また会えるわね」死を自覚したとき,人は根源的な「生への赦し」を獲得するのではないだろうか--。死に逝く人に寄り添い,その声に耳をすませる一人の在宅ホスピス医が,彼岸と此岸の境に立って語りかける,やさしい在宅往生のすすめ。