木星舎HP > 九州大学がんガイドブック

            • atb.pdf

九大ガイドブック表紙.png九州大学病院がんセンター編 がん医療・がん在宅医療ガイドブック

  書籍名  がん医療・がん在宅医療ガイドブック〈福岡版〉 
  著者名   九州大学病院がんセンター 編
  定価   ¥2,000  +(税)
  発売日    2014/03/20
  ページ数    A4判/並製/280ページ
  ISBNコード   ISBN978-4-901483-68-1
  在庫状況   在庫あり 

内容紹介


日本では、二人に一人が「がん」になり、三人に一人が「がん」で亡くなっている。

そう言われる時代を迎えた今、各医療施設間の相互連携が必要不可欠となっています。

本書は、がん診療連携拠点病院を中心とした福岡市とその周辺地区のがん診療の流れを紹介するものです。

  • =内容紹介==
  • <Ⅰ部>地域医療連携で、がん患者さんと家族を支える
  • ■がん診療連携拠点病院の役割
  •  ・がん患者が求める”新しい機能”を持つ病院
  •  ・進化するがん治療・・先端医療の実際
  •  ・がん治療を支えるケア
  • ■がんと診断された時から始める緩和ケア
  •  ・緩和ケア概論
  •  ・がん医療における精神的サポート
  •  ・緩和ケアにおける臨床心理士の役割
  • ■患者さんと家族の選択を支える
  •  ・病院の役割分担
  •  ・がん相談支援センターの役割
  •  ・がん相談支援室で対応した事例紹介
  •  ・地域医療連携室の役割
  • ■がんの地域医療連携パス
  • ■がん患者さんと家族の生活を支える
  •  ・多職種連携チーム、それぞれの役割
  •  ・在宅療養安心を支える病院、互いの心を支えあう患者会
  • ■福岡県、福岡市のがん対策
  • <Ⅱ部>アンケートから知るがん医療・がん在宅医療〈福岡版〉
  • ■医療圏を
    • A地区 宗像市・福津市・古賀市
    • B地区 糟屋郡
    • C地区 大野城市・太宰府市・筑紫野市、春日市・筑紫郡
    • D地区 福岡市(東区・博多区・中央区・南区・城南区・早良区・西区)
    • E地区 糸島市
  • の5地区に分け、各地区で、がん医療取り組む(取り組む体制にある)がん診療連携拠点病院、がん診療拠点病院、療養型病院、緩和ケア病棟、一般病院、診療所、訪問看護ステーションを紹介。
  • ■地図上でそれらの施設を紹介。
  • ■上記の施設の概要(スタッフ数、訪問範囲〈距離・時間〉、ベッド数など)、り組みの内容(年間の取り組み件数,対象疾患,可能な医療処置など)を紹介

がん診療連携拠点病院による初のガイドブック刊行!