木星舎HP > こだますいのち--今一度,ホスピスの意味を問う2

            • atb.pdf

こだますいのち-書影.jpgゆうにゆうにまあるくまあるく

  書籍名   こだますいのち 
  --- 今一度,ホスピスの意味を問う2
  著者名   末永和之
  定価   ¥1,600  +(税
  発売日    2017/02/06
  ページ数    A5判/並製/176ページ
  ISBNコード   ISBN978-4-901483-91-9
  在庫状況   在庫あり 

内容紹介


「先生、あのね、わたしは頑張り続けてきました。いろいろな治療
をやり続けてきました。もうこれ以上頑張れません。でもね、
家族のみんなの期待が大きいので、弱音が吐けません。
それが一番つらいのです」
三十二歳の女性は、二人の子どもを遺して旅立った。

「自分の人生の終わりにみんな乾杯して祝福してくれ」
そう言った八十九歳の男性。

ホスピスの現場で、懸命に生き抜いて逝くひとに寄り添ってきた
著者は、彼らが遺した大切な「いのちの言葉」を拾い集め、
そこから多くの教えをもらった。
多くの患者の最期にともにあり、「いのち」を見つめるなかで、
今一度、ホスピスの意味、そしていのちのありかたを考える。